Skip to content

カテゴリー: 未分類

定期的なお手入れについて

トイレにつまりの原因になるものを流さないように気をつけるほかにも、トイレの定期的なお手入れによってトイレのつまりを未然に防ぐことができます。毎日の使用で知らないうちに配管には尿石がたまり固まって、配管を狭くしてしまっています。こういったトイレのつまりの原因となる尿石を溶かす、尿石除去剤が市販されています。学校のトイレで固形のものを見かけたことがあるかと思いますが、液体のものもあります。液体のものが使いやすいので定期的に使って尿石を除去しましょう。トイレの配管は目に見えません。

尿石以外にも知らず知らずのうちに細かいものがたまって配管にたまってしまっています。重曹とお酢を使った定期的なお手入れで配管をいつもキレイにしておくことでトイレのつまりを防ぐことができます。やり方は簡単です。重曹とお酢を便器の中にまいてお湯を注ぎます。そうすると泡が勢いよく立ちます。そのまま30分から1時間放置して流します。重曹はこびりついた汚れをとってくれるので、普段のトイレ掃除のときに洗剤代わりに使って便器を磨いたあとに流すだけでも、配管の汚れを取り除いて汚れがたまるのを防いでくれるでしょう。こういった日頃のお手入れもトイレをつまらせないためには必要なことなので、ぜひ試してみてください。

流してはいけないもの

トイレをつまらせる原因となる、流してはいけないものとはどんなものでしょう。基本的に水に溶けないものは流してはいけません。よくトイレに落としてしまうものでは、携帯電話、ライター、メガネなどがあると思います。それ以外でも子供のおもちゃなどは間違ってトイレに落としてしまうことが多いので気をつけたいですね。水に溶けそうなものでも、流してはいけないものはたくさんあります。けっこう流してしまっている人がいるかもしれませんが、食べ残しや嘔吐物などは流さないほうがいいです。嘔吐物なんかは流しても大丈夫な感じがしますが、固形物が混ざっていることもあるので、そういったものが配管を狭くしてつまりを招くこともあるのです。

同じ紙でも、ティッシュペーパーはトイレに流してはいけません。ティシュペーパーはトイレットペーパーとちがって、水に溶けるように作られてはいません。トイレットペーパーがない時などに、代わりにティッシュペーパーを使ってしまったという経験はあるかもしれませんが、トイレに流しても溶けずにつまりの原因となりますのでやめましょう。また、トイレットペーパーでも安価なものは水に溶けにくいことがあるので注意してください。

トイレのつまりが起きないために

トイレがつまって水があふれ返って大変な思いをしたこと、今までに一度はあるのではないでしょうか。しかも、あふれて流れ出る水はただの水でなくて汚物の混ざった水だから最悪です。どうにか自分で解決できればいいですが、業者を呼ばなければどうにもならないこともあります。そんな大変な思いを避けるためにも、トイレのつまりを起こさないように日頃から気を付けましょう。そもそもトイレのつまりが起きるのは、その配管の形状が細くてS字にクネクネと曲がっていることに大きく関わっています。いかにも物がつまりそうなところに、トイレットペーパーを大量に流したり異物を流したりすれば、すぐに水の流れが堰き止められるのは当然のことです。

トイレをつまらせる原因の中で一番多いのがトイレットペーパーの流しすぎによるものです。トイレットペーパーはもともと水に流すことを想定して水に溶ける紙で作られていますが、すぐに溶けるわけではないので、一気に大量に流していまうとまとまって配管を塞ぐことになってしまいます。もしトイレットペパーをたくさん使わなければならない場合は、大量にならないうちに一回流して、また使ったら流すといったように小分けにして流すように心がけましょう。その他の原因として、異物をトイレに落としてそのまま流してしまうことがあります。よほど大きいものを落とさなければ配管をすぐに塞ぐことはありませんが、異物によって狭くなったところにトイレットペーパーが引っかかれば、つまりの原因になってしまいます。まずはトイレに異物を落とさないように気を付けて、もし落としてしまったら、絶対に流してしまわずに取り除くようにしましょう。