Skip to content

流してはいけないもの

トイレをつまらせる原因となる、流してはいけないものとはどんなものでしょう。基本的に水に溶けないものは流してはいけません。よくトイレに落としてしまうものでは、携帯電話、ライター、メガネなどがあると思います。それ以外でも子供のおもちゃなどは間違ってトイレに落としてしまうことが多いので気をつけたいですね。水に溶けそうなものでも、流してはいけないものはたくさんあります。けっこう流してしまっている人がいるかもしれませんが、食べ残しや嘔吐物などは流さないほうがいいです。嘔吐物なんかは流しても大丈夫な感じがしますが、固形物が混ざっていることもあるので、そういったものが配管を狭くしてつまりを招くこともあるのです。

同じ紙でも、ティッシュペーパーはトイレに流してはいけません。ティシュペーパーはトイレットペーパーとちがって、水に溶けるように作られてはいません。トイレットペーパーがない時などに、代わりにティッシュペーパーを使ってしまったという経験はあるかもしれませんが、トイレに流しても溶けずにつまりの原因となりますのでやめましょう。また、トイレットペーパーでも安価なものは水に溶けにくいことがあるので注意してください。