Skip to content

定期的なお手入れについて

トイレにつまりの原因になるものを流さないように気をつけるほかにも、トイレの定期的なお手入れによってトイレのつまりを未然に防ぐことができます。毎日の使用で知らないうちに配管には尿石がたまり固まって、配管を狭くしてしまっています。こういったトイレのつまりの原因となる尿石を溶かす、尿石除去剤が市販されています。学校のトイレで固形のものを見かけたことがあるかと思いますが、液体のものもあります。液体のものが使いやすいので定期的に使って尿石を除去しましょう。トイレの配管は目に見えません。

尿石以外にも知らず知らずのうちに細かいものがたまって配管にたまってしまっています。重曹とお酢を使った定期的なお手入れで配管をいつもキレイにしておくことでトイレのつまりを防ぐことができます。やり方は簡単です。重曹とお酢を便器の中にまいてお湯を注ぎます。そうすると泡が勢いよく立ちます。そのまま30分から1時間放置して流します。重曹はこびりついた汚れをとってくれるので、普段のトイレ掃除のときに洗剤代わりに使って便器を磨いたあとに流すだけでも、配管の汚れを取り除いて汚れがたまるのを防いでくれるでしょう。こういった日頃のお手入れもトイレをつまらせないためには必要なことなので、ぜひ試してみてください。