Skip to content

トイレのつまりが起きないために

トイレがつまって水があふれ返って大変な思いをしたこと、今までに一度はあるのではないでしょうか。しかも、あふれて流れ出る水はただの水でなくて汚物の混ざった水だから最悪です。どうにか自分で解決できればいいですが、業者を呼ばなければどうにもならないこともあります。そんな大変な思いを避けるためにも、トイレのつまりを起こさないように日頃から気を付けましょう。そもそもトイレのつまりが起きるのは、その配管の形状が細くてS字にクネクネと曲がっていることに大きく関わっています。いかにも物がつまりそうなところに、トイレットペーパーを大量に流したり異物を流したりすれば、すぐに水の流れが堰き止められるのは当然のことです。

トイレをつまらせる原因の中で一番多いのがトイレットペーパーの流しすぎによるものです。トイレットペーパーはもともと水に流すことを想定して水に溶ける紙で作られていますが、すぐに溶けるわけではないので、一気に大量に流していまうとまとまって配管を塞ぐことになってしまいます。もしトイレットペパーをたくさん使わなければならない場合は、大量にならないうちに一回流して、また使ったら流すといったように小分けにして流すように心がけましょう。その他の原因として、異物をトイレに落としてそのまま流してしまうことがあります。よほど大きいものを落とさなければ配管をすぐに塞ぐことはありませんが、異物によって狭くなったところにトイレットペーパーが引っかかれば、つまりの原因になってしまいます。まずはトイレに異物を落とさないように気を付けて、もし落としてしまったら、絶対に流してしまわずに取り除くようにしましょう。